"屏風絵"

屏風に描いた作品

屏風絵は、日本の伝統美であり約1000年前より王家・貴族・城の内部に飾られ、鑑賞の対象とされてきた。

現存の、正倉院に保管されている『鳥毛立女屏風』は有名であり、中世には輸出品・贈答品として珍重された。

近世・安土桃山・江戸時代には金地のきらびやかな屏風がたくさん作られその一部を現在でも見る事が出来る。屏風絵は、画集などでは完全に広げた状態で載っていることが多いが、そもそも折った状態で鑑賞することを前提で製作させており、折ることで絵に立体感が生まれる。

 

基本的な構造は、矩型の木枠の骨格に用布を貼り、さらに用紙を何重にも貼り重ね、最後に本紙(描く紙)を貼る。そして、まわりの木枠には、漆を塗り、金砂子を散りばめ豪華に仕上げていく。こうして出来上がった屏風は表具師の技術と情熱の結晶である。画家は、精神を統一し感謝の思いを込めて筆を入れるのである。

 

 

 

寸法基準(高さ160cm 巾 300cm)

 

© 2015 Ichijoh Shimotani. All art work displayed on this page are the property of Ichijoh Shimontani.

Duplication,  downloading and dissemination of any images in any form without expressed written consent is strictly prohibited. 

 

(当サイトに掲載されている作品は全て下谷一条のものです。書面上での許可無く複製、ダウンロード、及び転載を行い使用する事を固く禁じます)

  • w-facebook
  • Twitter Clean
The Spirit of the Forest・森の精霊