掛軸

掛けて鑑賞する作品

 

掛軸とは、書や東洋画を裂(きれ)や紙で表装し、掛物と呼ばれ床の間などにに掛けて鑑賞するものである。

日本の室内装飾では重要な役割を果たしている。

 

歴史は古く、飛鳥・鎌倉時代より仏画・茶の湯として重宝され、江戸時代には文人画・浮世絵として開花していった。

開国により屏風・掛軸は日本の伝統文化として海外に多くの評価を得、愛好家を生んだ。

明治・大正期は日本画の隆盛により、掛軸もさらに大きく飛躍したが、生活の洋風化により「床の間」から壁面鑑賞へなるにつれ、表装スタイルも変化していった。

 

表装の材質として紙あるいは、金襴・銀欄・緞子(どんす)・紗(しゃ)といった裂(きれ) が用いられる。表具師は、作品に合った材質と色を選ぶ為に、常に感性と技術を必要とされる。

 

画家と表具師は、表裏一体の世界であり、共に作品に込めた心と情熱の結晶である。

 

© 2015 Ichijoh Shimotani. All art work displayed on this page are the property of Ichijoh Shimontani.

Duplication,  downloading and dissemination of any images in any form without expressed written consent is strictly prohibited. 

 

(当サイトに掲載されている作品は全て下谷一条のものです。書面上での許可無く複製、ダウンロード、及び転載を行い使用する事を固く禁じます)

  • w-facebook
  • Twitter Clean
The Pine Tree and Crane・松と鶴